ナチュラル  ゆるゆるナチュラルハイな生活を送っていた東北から、只今メキシコに語学留学中。日記を兼ねてメキシコの生活を綴ってます。
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
『イギリス式暮らしガーデン 食べものづくり!安らぎづくり!』
これまでに2冊ご紹介した井形慶子さんの本のご紹介です。
(右下のRECOMEND In Amazonnに入っています)
ご紹介というよりは、すてきキラキラと思った所を、自分の覚書のために抜き書き(*^_^*)

「イギリス人の暮らしを支える裏は”usable garden(使うための)”といわれ、アウトドアリビングとしてテーブルを出し、食事や接客の大切な場になっていた。」

「『があれば四季折々の花を咲かせ、テーブルを置いて食事をするなど、日常的に使うことができる』」

「今もイギリスのを訪ねると裏の奥まった場所にじゃがいも、にんじん、玉ねぎなどを栽培するキッチンガーデン、またはベジタブルガーデンと呼ばれる菜園がある。『野菜はでとれたものを使うから、ほとんど買ってないの』」

>> ReadMore
スポンサーサイト
2008'04'12(Sat)09:15 [ books ] CM4. TB0 . TOP ▲
『イギリスの住まいとガーデン 暮らしを楽しむエッセンス』
今日もお気に入りの本のご紹介です。繰り返し見るだけでなく、何度も読みこんでしまう本です(^_^;)
こちらも右のRECOMEND In Amazon.com(の何ページ目か)に入っています。

イギリスの住宅絵文字名を入力してください全般について書かれた本ですが、中でも裏庭/バックヤードについての話がとても気に入っています。

バックヤードはどんなふうに作られているのか、どのように使われているのか、またどのような思い入れを持たれているのか・・・。

日本の住宅の庭は視線めがねの関係とか、庭と建物の位置の関係とかがあって、なかなかうまく使うのがむずかしい感じがしますが、発想の転換というか、参考になることはたくさんある本だと思います。

日本に比べてイギリスのバックヤードは、使いでがある庭木のようです。
この本を読んでいると、小さくてもいいので、そんな庭がほしいなぁって思います。
法律でも使いやすくなるような住宅の建て方・決まりがあるようです。

そのほか住宅の価値についての記述や、実際の住宅が写っているたくさんの写真だけでなく、豊富な間取り図が載っているのも私的にはポイントが高いです。

あと、個人的にTOTO出版さんの本本、好きなんですよね~(^^)
>> ReadMore
2008'04'04(Fri)09:15 [ books ] CM2. TB0 . TOP ▲
『イギリス式キッチンー丸ごと料理でいつもキレイ!』
ちょっと面白いイギリスキッチン事情についての本を読み終わったので、そのご紹介をします(*^_^*)
イギリスの簡単レシピも載っていました。
→右下のRECOMENDにも入っている本です。

下にある各章のタイトルを見るとわかりますが、
イギリスと日本では、キッチンの役割・使い方に結構大きな違いがあるようです。

中でも興味を持ったのが、オーブン料理のメリットです。
・油を使わずに料理できる
・シチューなども鍋ごとオーブンに入れてタイマーを使ってつくる
・下ごしらえが簡単で、いったんオーブンに入れてしまうと仕事に出かけたり、ほかのことができる
・レンジが汚れない

などなど。
あとはイギリス独特のオーブンAGA(アーガ)について。
とてもかわいい形をしていて、余熱がストーブの代わりになったり、保温もできるそうです。
ただし、結構大きいです。クッキングストーブという名前で形の近いものはこちら(京阪エンジニアリングさんHP)。熱源はガス?かな?

実際のご家庭のキッチンの写真が多くて楽しかったです。
>> ReadMore
2008'04'03(Thu)09:15 [ books ] CM4. TB0 . TOP ▲
いまどきの図鑑事情
図鑑甥っ子の小学校入学祝に、図鑑を贈ることにしました。

いかにも!という感じなのですが、
今の図鑑って、こんなに面白いんだーって、
思わず感心させられたので決定しました。

しかもたくさんの種類があって、
絞ったのですが、これはハズせないと思って結局6冊に。



気になる中身は・・・
>> ReadMore
2008'03'28(Fri)09:15 [ books ] CM2. TB0 . TOP ▲
『イギリス式収納ー小さな空間で見せる!片づく!』
最近読んだ本でよかったものがあったので、ご紹介します。
→右下のRECOMENDにも入っている本です。

タイトルの通り、イギリスの見せる収納についての本でした。

イギリスと日本では気候・風土も違うし生活文化も違うので、
すべて同じようにできるわけではないかもしれませんが、
参考メモになることが多い本だと思いました。

収納についてだけでなく、イギリスの一般の住宅絵文字名を入力してくださいの大きさは15坪くらい
(もちろん大小あると思いますが、一つの目安にできる大きさだと思います)
だとか、ゲストルームがなくても大丈夫な理由だとか、とても興味深い内容でした。

ただ、一部日本で使われているグラスファイバー断熱材が
埃の原因ではないかとの記載がありましたが、
それは事実ではないと思うのでちょっと残念でしたが・・・

でも、色々な収納の掲載写真もかわいかったし、
文庫本のコンパクトサイズというのもハナマルだと思います。
>> ReadMore
2008'03'21(Fri)01:09 [ books ] CM0. TB0 . TOP ▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。